NINSHU KYOTO

当サイトは、現在リニューアル中です。
The website is under renovation.

仁秀

About Ninshu

御室窯は1646年に後陽成天皇による開窯以来、御室御所、現在の仁和寺に仕えて参りました。
寺歴より、仁秀は御室窯の当代仁和寺御用達として、菊の御紋の使用を恵賜されております。
現在、陶器の99%は自動鋳込み、転写印刷により量産されています。いわゆる型ものは個体差がなく正確ですが、 茶人の鑑賞に耐えるものではありません。仁秀は「手造りの器」のみを、認定名匠の「ろくろ手挽き」により、 一客一客製作しております。仁秀陶器の美は、精緻な造形、大胆な指先の挽き筋、彩色豊かな釉薬の景色にあります。 その正真正銘の意匠は卓越した手挽き技術とともに意匠登録で保護されております。器の表情は「手がけ施釉」により創られ ます。密度の高い磁器にくらべ、陶器はやわらかい土の手造りであるため、釉薬は素焼き生地に浸透し、窯内で変相されます。 釉薬は門外不出の370年の伝統を誇る調合技術の結晶です。仁秀はその「窯変」の美を操る焼成技術を伝承しております。

開窯 正保三年 ( 一六四六年 )

京都 御室窯

手づくりのうつわ 仁秀

Company Info

会社名
株式会社 仁秀
代表者
代表取締役社長 富田 潤
所在地
〒606-0913 京都市左京区松ヶ崎芝本町 27
TEL
075-712-4904
FAX
075-712-0446
メール
営業時間
平日11:30 - 17:00(休日:土曜・日曜・祝祭日)